アタラの豊富な実績とナレッジで、
広告運用のインハウス化を支援する

運用型広告は、従来の広告に比べて高い費用対効果を実現することができる反面、テクノロジーの進化に伴って運用が高度化・複雑化し、専門的なノウハウの習得や、継続的なPDCAを回せる環境構築が求められています。導入企業は日々増加し、競争環境も激化する一方になっています。

そのような市場環境の中で、企業の経営課題として運用型広告に取り組み、属人的な運用負荷を下げながら、自社にデータやノウハウを蓄積していくことは、企業の競争力を保つ上で必要不可欠です。年々拡大を続けている運用型広告市場の中で広告を出稿する広告主としてのお立場で必要な体制を構築するお手伝いを致します。

本サービスでは、各種広告プラットフォームや、大手広告代理店で営業体制、運用体制経験のある弊社のコンサルタントが、運用型広告のお取り組み状況を診断し、運営目標を達成するための戦略立案、必要な組織体制作り、人員計画、運用トレーニング、ツールの導入等をワンストップでご支援致します。

 

以下のようなことでお困りの企業さま

  • 広告運用をインハウス化したいが、何から始めていいかわからない。
  • 広告運用のスキルがないので、インハウス化できない。
  • どういった組織がインハウス化する上で必要なのかわからない。
  • 現在の広告設計が正しいのか判断ができない。
  • 改善施策を続けているが、改善の兆しが見えない。

 

アタラが提供する伴走型インハウス支援


1. 豊富な支援実績を持つアタラならではのナレッジの提供


アタラでは多数の企業さまのインハウス化をご支援してきたほか、『実践 インハウス・リスティング広告』といった日本初のインハウス・リスティング関連書籍の執筆にも携わるなど、インハウス化支援に対する豊富な実績がございます。経験豊かな専任コンサルタントが、組織体制や業態ごとに異なる課題の洗い出しを行い、具体的な改善手法で成果があがった事例も多数ございます。

『実践インハウス・リスティング広告』



■伴走型インハウス支援・事例インタビュー企業さま(ロゴをクリックするとインタビューページへ遷移します)

2. インハウス組織の自立をゴールに見据えた支援ステップ


インハウス体制の構築完了までのステップは、大きく3つの段階に分けることができます。

1.初動アカウント構築期
2.アカウント安定・成果拡大期
3.自立期

必要な支援内容は企業の組織体制や人員編成によって異なりますが、アタラでは段階に応じた形で専任のコンサルタントが伴走してアドバイザリーやトレーニング等を実施し、最終的には自走可能なインハウス組織化に向けたご支援を致します。

一定期間伴走したご支援を提供した後に、壁打ち相手のような不定期の支援に移行することも可能です。




まずはヒアリングさせていただき、御社専用に、運営目標を達成するための戦略立案、必要な組織体制作り、人員計画、運用トレーニング、ツールの導入等をワンストップでご支援致します。

アタラのSNSアカウントでは、アタラの働き方や、
最新コンテンツ、事例などの最新情報を投稿しています
アタラのニュースレターでは、アタラの最新情報やオウンドメディア『Unyoo.jp』の人気記事、イベント情報などをお届けしています