何でアタラに入ったの?

4staff-headline

アトリビューション、運用型広告、自由な働き方、グーグル出身、APIエコノミーなど、アタラを形容する言葉はいろいろありますが、どうも外から見るとよく分からない、謎に包まれたイメージがあるようです。そこで、実際にアタラで働いているメンバーに「何でアタラに入ったのか」を聞いてみました。


普段はどんな仕事をしているのか

和泉:広告主企業や広告代理店とプロジェクトを組み、運用型広告の設計や運用、分析を担当しています。業務の内容としては、コンサルタントとして資料をたくさん作るというよりは、現場で一緒に汗をかきながら、デジタルを活用した広告キャンペーンのパフォーマンスを最大化するために考えて手を動かすのが主な業務です。

中川:私も広告のオペレーションを中心に担当しています。AdWords や Yahoo!プロモーション広告、Facebook広告など、本当に様々なプラットフォームの運用を行いながら、どうやってパフォーマンスを上げるかをお客様と一緒に考える仕事です。

岸:運用型広告のレポートエンジンである「glu」のアカウントマネジメントを主に担当しています。業務内容としては、「glu」にまつわる仕事全般ですね。お客様からの問い合わせ対応や導入支援、あとは定例ミーティングをしながら「gluをこんな風に使ってもらったらより便利になりますよ」という改善提案なども行っています。

松澤:「glu」の技術サポートを担当しています。お客様のところへ訪問もしますし、電話などで利用方法をご案内したり、マニュアルサイトのドキュメンテーションやメールでのサポート、レポートテンプレートの充実など、サポートに関連する業務を岸さんと一緒に行っています。

4staff-1

アタラに入った理由

和泉:私はこれまでずっと広告代理店で広告運用を担当していましたが、以前からアタラのことは知っていて、代表の杉原や、役員の岡田のことも知っていました。

広告代理店で働いていると、どうしても注力媒体を優先してしまったり、媒体費に料率を掛けていくコミッションモデルがほとんどですので、媒体を前提としない提案が難しいというところにジレンマを感じていました。お客様のビジネスの成功と、自社のミッションや存在意義が一致するような場所で働きたいと思っていた頃に偶然アタラが募集をしていたので、思い切って応募したところ入社することが出来、今に至ります。

中川:私は、転職のタイミングで色々な企業の方のお話を伺ったのですが、アタラのみなさんが一番カッコよく見えたので志望しました。それぞれが自分の意志で動いていて、バラバラに見えるようでいて、実は同じ方向を向いているという点に、組織としての魅力も感じました。

岸:私はそんなカッコいい理由ではないんですが、そろそろ転職しようかなと思っていたときにたまたま代表の杉原のブログを見つけて、「面白いかも」と思ったのがきっかけです。

和泉:何の記事を読んだんでしたっけ?

岸:電気メーターの検針の話で、確か「東京電力の検針員さんに思うこと」という記事ですね。

東京電力の検針員さんに思うこと http://www.atara.co.jp/ceo_blog/post_12.html

この記事をきっかけにアタラという会社を知って、応募しました。これまではずっとシステム開発のキャリアで、携帯電話会社で企業向けのネットワークサービスを作ったり、ウェブ制作会社や新聞社のシステム部門で働いていました。広告に関してはこれまでは経験がなかったのですが、今は色々とやらせてもらって、非常に勉強になっています。

松澤:私は前職でプラットフォームのサポートの仕事をしていて、その時担当していた製品について役員の岡田が書いた記事を読んだことがきっかけです。当時の先輩から「この記事を読んでおいて」と言われて何度も読んだので、アタラと岡田の名前は記憶に残っていました。

当時は全く転職は考えてはいなかったのですが、仕事を続けていく中で、もう少し深く掘り下げたいというか、技術的な業務に進みたいという欲求が高まってきて、ある日「テクニカルサポート」で検索してみたら、アタラのロゴマークがポーンと出てきて、「ああ、その選択肢があったか」と。そういういきさつで応募しました。

和泉:みんなきっかけはバラバラだけれども、アタラが発信していたアウトプットに何か引っ掛かるものがあったという点では共通していますね。積極的に募集広告を出しているわけではないけれども、企業文化がアウトプットから透けて見えた、という感じでしょうか。

4staff-2

実際に働いてみて

中川:入社してみて思ったことが、みなさん良い意味で本当に Cutting edge だなということでした。最初はオフィスにコンサルタントの社員が誰もいないことが多くて戸惑いましたが、みんなが各自でやることをやっているから成り立っているんだなと。私も非合理的なことはやりたくないタイプなので、そういう意味では理想的だと思っています。

岸:自由度は本当に高いですよね。その分責任はありますが。

和泉:私は今までと真逆の環境でしたね。こんなに自由な会社があるのかと。最初はみんな戸惑うのではないでしょうか。人数が少ない分だけ、自分の仕事の質が全体へ影響しますし、創業メンバーが築いてきた信用を守るだけではなく、自分がさらに高めていかなければというプレッシャーはものすごくあります。でも、そこは乗り越えていかなければならないですし、だからこそリターンというか、自由をもらえるし、好きな仕事ができる権利もあると考えると、トレードオフの関係ですよね。

会社員というよりも、個人事業主がプロジェクトを組んでいる、といったような形でやっていますが、アタラとしてどのように振る舞うべきかという点は、統一感がありますね。他の企業と比べて自由度は高いけれども、会社としてのコアな部分はずらさない、というところがアタラっぽいかなと思います。

中川:アタラとしての看板みたいなものは、いつも頭の真ん中に置いて仕事をしています。

岸:サポートチームも、一般のシステム会社のように人数がたくさんいてガッチリとルールが決まっている、というわけではないですが、その分自由度が高くて成長できる環境だと思います。そもそもルール自体をこれから整えていく段階ですし、色々と試行錯誤しながら新しく仕事そのものを作っていく経験はとても貴重だなと思っています。

松澤:相談がしやすい環境ですね。素直に分からないことは「分からない」と言って教え合うことができる雰囲気があります。あと、最近はサポートチームと開発チームが集まってランチをしながら勉強会をする「赤坂塾」というのを企画して続けています。お弁当代も会社から出ますし。

和泉:スキルトランスファーの場として「アタラ道場」という社内勉強会も行っています。社内でのアウトプットの場としてだけでなく、最近は外部の専門家を講師として招待したりもしています。そういった機会があるのは、単純な個人事業主とは違う点ですね。

中川:組織がそこまで大きくない分、予定も調整しやすいので、イベントなども結構多いですよね。例えば毎年みんなでデータマイニング研修と称して競馬場に行ったり、恒例行事のお花見や部活動、キックオフ合宿などもありますね。

岸:朝から会社の中期計画等を真剣に議論したあとに、夜中までカラオケしたりとか・・・仕事も遊びも全力という雰囲気はありますね。

和泉:アタラには華やかなスタートアップといった感じは皆無ですが、かといって固すぎるわけでもなく、丁度いいバランスというか、メリハリがありますね。それがワークスタイルにも繋がっていますし。ところで、コンサルタントの人たちはオフィスだけでなく自宅やお客様先などいろんな場所で仕事をすることが多いですが、サポートの方はどうですか。

松澤:サポートの方も、自由に仕事ができる土壌を用意してもらっていますね。働いていて子供がいる時って、子供が病気になった時が一番大変なんです。預け先にも困りますし、朝になって突然体調を崩すことも多いのです。例えば「glu」で使うレポートテンプレートの作成であれば自宅でも出来る仕事なので、子供が体調を崩したり学校行事が重なった時には自宅で仕事をさせてもらっています。これまでの職場では、そんなことはあり得なかったので。。。

岸:私は逆に、フリーランスの時期が長かったので、オフィスがあるのはやはり良いと感じますね。行けば誰かがいる、相談できるという安心感があります。その時の感覚をまだ若干引きずっている部分があるので、喫茶店や別の場所で仕事をすることもよくあるのですが、オフィスがある安心感も同時に感じているので、働きやすい環境だなと思います。

和泉:岸さんは伝統的な大企業とフリーランスの両方を経験されて、今はそのハイブリットというか、いいところ取りのようなイメージですよね。私も以前は毎日定時に出社して、タイムカードがあって、という環境でしたが、今の環境は、オフィスに来れば誰かがいて、でも集中したいときは一人になれる、という自分で環境を選べるイメージを持っています。

中川:元々、代表の杉原が大企業、外資、中小企業と全部見た上で、自分が良いと思う環境を作ったというところがあるので、現在のようになっているのかなと思います。

4staff-3

今後はもっとこうしていきたい

中川:逆に、今後もっとこうしていきたいとか、ここは改善したい、という点はありますか?

岸:自由な分、ハードワークになり気味なところはありますよね。そこは自己管理の問題だとは思いますが。

和泉:だからこそ、もっと意識的に休みを取った方がいいですよね。あとは、場所を変えたりとか。代表の杉原も、毎年1ヶ月ほど海外から仕事していますし、私は実家が関西なので、それこそ「来週は京都で仕事します」という感じにしたいなと思います。

岸:休み方や、何が自分にとって都合が良いかは人それぞれで、大型連休がいい人もいれば、細切れがいい人もいますよね。報酬が高くても、忙しくて全く家族やパートナーと会えません、というのでは本末転倒ですしね。余暇をちゃんと取る、という意味では、システム側はまだ効率化できるところがたくさんあるので、そこの仕組みづくりを進めていくことで、もっと仕事のスピードを早める必要があると思っています。

松澤:あとは、これから会社の規模が大きくなっても、多様性がある会社だといいなと思っています。最近はママさん社員も増えてきましたし、様々なバックグラウンドの方に参加してきて欲しいですね。

こちらもご覧ください: アタラらしいって何だろう(座談会)