「データ」と「人」が主役になる環境で。

運用型広告は「設計」と「ディレクション」、そして「分析」と「運用」で大幅にパフォーマンスが変わる仕事です。それぞれの機能の間を血液のように循環していくのが「データ」だとすると、そのデータを適切に扱い、ユーザーと企業をつなぐことができるエンジニアや広告運用者の仕事は、データドリブンのマーケティング環境が整いつつある今だからこそしっかりと評価され、成果が報われる環境や文化を整えていくべきだとアタラは考えています。
以下は、現在募集中のポジションです。データを扱う「人」が主役の環境で、運用型広告の次のキャリアを実現してみませんか? ご応募お待ちしています!

募集中の中途採用


アタラのSNSアカウントでは、アタラの働き方や、
最新コンテンツ、事例などの最新情報を投稿しています
アタラのニュースレターでは、アタラの最新情報やオウンドメディア『Unyoo.jp』の人気記事、イベント情報などをお届けしています