きたるCookieレス時代を目前にして、
デジタル広告はどうなるのか・どう対策するのかを詳説

ユーザーを識別し、情報を記録・保持することができるCookieは、リターゲティングや行動ターゲティング、アトリビューション分析などに幅広く利用されており、企業がデジタルマーケティング活動、特に運用型広告を運用するにあたって、今や欠かせない技術です。

しかしそんな中、2017年6月にAppleが自社のWebブラウザ「Safari」上でのCookie利用をブロックするITP機能を発表、次いで2020年1月にGoogleが2年以内に「Google Chrome」のサードパーティCookieへのサポート終了を発表するなど、業界全体でCookieの利用を大幅に制限する動きを見せ始めています。

本ホワイトペーパーでは、デジタル広告において、これまでCookieが果たしてきた役割をいま一度整理するとともに、今すでに始まりつつある「Cookieレス時代」のデジタル広告の在り方について、企業のデジタルマーケティング活動を長年支援してきたアタラ合同会社としての考えを紹介します。
eBooks Cookieレス時代のデジタル広告の今後を読み解く

本冊子の内容

✔Cookieとはなにか、どんな役割を果たしてきたかを解説
✔Cookieレス時代へ向けた、ブラウザ規格側の動きを紹介
✔昨今のプライバシートレンドの潮流を解説
✔Cookieレス時代に備えるための対応策を紹介

eBooksをダウンロード

ご提供いただいた個人情報はアタラ合同会社のプライバシーポリシーに従い、適正に管理、利用させていただきます。同意の上ご登録ください。