データ活用型組織へと変革させることの重要性やノウハウをご紹介

予測困難かつ不確実、不安定な状況に直面している現代においても生き残る企業になるためには、「察知して」「決定して」「実行する」サイクル、つまりデジタルビジネス・アジリティをいかに高速で回せるかが重要です。その際のポイントとなるのが、「データ活用型」の組織であることです。

「データ活用型組織」とは、組織内全員がタイムリーに正しいデータにアクセスでき、データに基づいて意思決定やアクションを行う権限・モチベーションを与えられている組織のことです。多くの企業ではデータ専門部署を設立し、組織内でのデータ活用を推進しようと模索していますが、それでは人員が限定され、組織内のニーズに対応しきれずに意思決定のスピードを遅延させてしまいます。

本ガイドブックでは、どのようにしてデータ活用型の組織へと変革を進めるのか、現場担当者・経営層両者それぞれの立場からできることを、7つのアプローチとしてまとめています。
データ活用型組織構築のための7つのアプローチ

本冊子の内容

✔現代はVUCAの時代
✔今求められているのは、データ活用型組織
✔データ活用型組織の必須要素
✔組織づくりを阻む課題とは
✔アタラが考える、成功のための7つのアプローチ

eBooksをダウンロード

ご提供いただいた個人情報はアタラ合同会社のプライバシーポリシーに従い、適正に管理、利用させていただきます。同意の上ご登録ください。