運用型広告の業務体制インハウス化を成功させるためのポイントを解説

「自社・企業内で」という意味のインハウス(in-house)。マーケティング業界においても、外部パートナーに委託せず、自社の組織や社内の人員で業務を行うことを指しています。ここ数年、日本でも運用型広告の業務体制をインハウス化する企業が増えてきていますが、テクノロジーの進化により広告の運用は日々高度化・複雑化しており、効率的な運用のためにはこれまで以上に専門的なノウハウの習得、継続的に運用するための環境構築が求められています。

そのため、インハウス化する上での重要な要素を押さえておかなければ、広告効果の高い戦略を立案できず、導入に挫折してしまう・定着しないといったことになりかねません。

本ガイドブックでは、運用型広告の業務体制をインハウス化する際の必須ポイントや、よくある課題、数々のインハウス支援実績のあるアタラが考える、成功のための4つのポイントについて解説しています。

アタラの考える、インハウス化を成功させるための4つのポイント

本冊子の内容

✔インハウス化が加速する背景
✔インハウス化に必要な3要素
✔インハウス化を阻む壁とは
✔アタラの考えるインハウス化を成功させるためのポイント

eBooksをダウンロード

ご提供いただいた個人情報はアタラ合同会社のプライバシーポリシーに従い、適正に管理、利用させていただきます。同意の上ご登録ください。