2010年10月5日

 

競合企業のリスティング広告利用額、広告表示順位、広告文をモニタリング 「ATARA Competitive Analyzer(アタラ競合分析ツール)」提供開始 第1弾レポーティングサービスのみの利用からバージョンアップ、全機能をシステムで利用可能 Web API開発企業のATARA(アタラ)(本社:神奈川県横浜市、CEO:杉原 剛)は、競合企業のリスティング広告利用額、広告表示順位、広告文をモニタリングして競合の運用状況を分析。自社のリスティング広告運用の最適化に役立つ情報を提供するリスティング広告運用分析ツール「ATARA Competitive Analyzer(アタラ競合分析ツール)」の提供を開始したのでお知らせします。第一弾の発表では、「ATARA Competitive Analyzer(アタラ競合分析ツール)」のレポーティングサービスのみの利用でしたが、今回より全機能がウェブベースのシステム経由で利用可能になりました。 ATARA Competitive Analyzer(アタラ競合分析ツール) http://www.atara.co.jp/solution_services/apps/competitive.html(サービス終了いたしました) 同サービスは、競合他社のリスティング広告運用状況をモニタリングし、自社の広告運用の最適化をサポートします。自社のリスティング広告運用状況をもとに、競合の出稿しているキーワードでのリスティング広告利用額、広告表示順位、広告文などを知ることができます。比較検証したいキーワードと分析指標(利用額、クリック、順位、クリックコストなど)を選択し、キーワード毎に自社と競合の運用状況を比較検証できます。また、競合会社の広告文も比較可能です。継続利用の場合は、時系列の推移で比較可能です。ヤフー、グーグル両方のパソコンのリスティング広告に対応しており、競合の登録はドメインで設定します。 リスティング広告の運用を最適化するには、競争環境を理解し、競合他社との差別化につながる施策をスピーディに実施することが求められます。しかし、出稿するキーワードは増加傾向にあり、同じキーワードで争っている競合他社の入札価格や広告文も刻々と変化します。膨大なキーワード、頻繁に起こる変化に対応できるだけの人員が確保できない、あるいは分析ノウハウを持っていないがために、最適化の機会を失っている広告主も多いのが現実です。 「ATARA Competitive Analyzer(アタラ競合分析ツール)」 を使えば、 人員を増やすことなく、新たな設備投資や高度なノウハウの習得も必要とせずに、自社と競合のリスティング広告運用状況を比較し、競合に勝つ施策を的確なタイミングで実施することができます。 主な機能 • ヤフー、グーグル両方のPCベースの検索連動型広告に対応(モバイルキャンペーン、コンテンツターゲットは未対応) • 競合会社をドメインで指定 • 各種グラフで指標を比較可能(利用額、クリック、順位、クリックコストなど) • 継続利用の場合は推移で比較可能 • キーワード毎の広告文を自社/競合会社分で比較 ATARA, LLC(アタラ合同会社) [代表者] CEO 杉原剛  [設立] 2009年09月10日 [URL] http://www.atara.co.jp/ [所在地] 〒225-0004 神奈川県横浜市青葉区元石川町3712-12-D [事業内容]・ Webを活用したテクノロジー・ソリューションの開発 ・ Webマーケティング戦略立案、導入、運用コンサルティングサービス ・ 企業のデータ分析コンサルティングサービス ■報道関係の方のお問い合せ先  広報担当  直井(なおい) E-mail: pr@atara.co.jp ■サービスに関するお問い合せ先  セールス担当  有園(ありぞの) E-mail: sales@atara.co.jp

2010.10.05