デジタルマーケティング支援企業のアタラ合同会社(本社:神奈川県横浜市、CEO:杉原剛、以下、アタラ)とEC運用サポート企業のアド・セイル株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長:川添泰史、以下、アド・セイル)は、D2C/EC売上集客最大化コンサルティングサービスの共同提供を開始したことを発表します。


【本サービスの概要】
アタラの運用型広告コンサルティングとアド・セイルのD2C/EC支援を組み合わせ、D2C/ECの売上や集客を最大化することを目的としたコンサルティングサービスを共同で提供します。


インターネットを通して生産者や製造者が消費者や購入者と直接に取引できるようになった現在、顧客と多様な接点をもち、成約の道筋をつけることが、D2C/ECに関わる組織には求められています。その方法は、細分化されて高度な専門スキルを要することが、ゴールに到達する障壁にもなっているのが現状です。


アタラは、数多くある広告プラットフォームの深い理解と豊富な運用ノウハウを持ち、さまざまな業種や業態、組織規模での運用を支援してきました。アド・セイルは、D2C/ECにおいて消費財からアパレルまで幅広い業種での支援経験があります。経験値を生かして業界に特化した施策の提供を強みとしています。両社の強みを組み合わせることで、D2C/ECにおける集客から受注までのプロセスを最適化し、成果を最大化するための支援を提供します。


本サービスでは、アタラが、Google広告やFacebook広告などを中心に運用し、集客の最大化を支援します。アド・セイルは、出店戦略の立案、転換率の向上や客単価の増加、受注プロセスの改善などを支援します。


運用型広告およびD2C/ECそれぞれのエキスパートによって構成されるチームが、クライアントに伴走することによって、ゴールに対する統一がとれた戦略・戦術を練るところからアクションを起こして成果を得るまでを、スムーズかつスピーディに実現します。


アタラとアド・セイルは一体化されたチームにおいて、それぞれの専門分野の経験やノウハウを互いの領域で生かしつつ、最大限の効果を生む取り組みを推進します。


【アド・セイル 会社概要】
[商号]アド・セイル株式会社
[代表者]代表取締役社長 川添泰史
[所在地]香川県高松市本町10番26-2F
[設立]2008年4月
[主な事業]
・WEB広告、マーケティング戦略設計
・EC運用サポート
・DX/データ活用支援
・BIツールの選定から導入・構築支援・トレーニング
[URL]https://www.ad-sail.jp/

アタラ合同会社(ATARA, LLC)

[代表者]CEO 杉原剛
[設立]2009年9月10日
[URL]https://www.atara.co.jp/
[所在地]〒225-0004 神奈川県横浜市青葉区元石川町3712-12-D
[事業内容]
 ・運用型広告の運用支援、インハウス化支援、トレーニング
 ・企業内外のビジネスダッシュボード構築、各種データ収集コンサルティング
 ・解析ツール設定支援、導入コンサルティング
 ・運用型広告データ自動収集・出力・ダッシュボードシステム「glu」の提供
 ・Web APIを活用したテクノロジー・ソリューションの開発

報道関係の方のお問い合せ先:広報担当 直井 E-mail:pr@atara.co.jp
サービスに関するお問い合せ先:コンサルティングチーム E-mail:consulting@atara.co.jp

2022.02.24