『日経クロストレンド』にて、弊社マネージャー/コンサルタントの高瀬の寄稿(連載)が公開されました。

本記事は、プライバシー強化の潮流の中、脱クッキー時代に向けて広告主はどのように対策するべきかについて解説していく連載(全5回)の第2回です。ぜひご一読ください。


↓記事はこちら『ウォールドガーデンとの付き合い方 代替技術Unified ID2.0を図解』

※全文読むには、会員登録が必要です。

脱クッキー時代には。「ウォールドガーデン(壁に囲まれた庭)」と呼ばれる大手プラットフォーマーの力がさらに強まりそうだ。広告専業会社は対抗策として、クッキーに代わる新たな広告配信の仕組みづくりを急ぐ。広告主はウォールドガーデンや新たな広告配信技術とどのように付き合っていくべきだろうか。
2021.09.09