2020年は世界中で新型コロナウィルス感染症(以下、コロナ)が拡大し、各企業において、これまでの働き方からコロナと共存する働き方への変革が求められています。


アタラ合同会社(以下、アタラ)ではこれまでも、コミュニケーションを大切にしつつ、「それぞれのライフスタイルやライフステージに合った働き方」を提唱してきましたが、今回のコロナ禍を受けて、Withコロナ時代の新しい働き方の実践を始めています。



1. 原則テレワーク・リモートワークの勤務形態へ

アタラではこれまでもテレワーク・リモートワークを推奨してきましたが、通勤ラッシュによる感染リスクを防ぐため、今後はテレワーク・リモートワークを基本とし、会議等で必要な場合のみオフィスを利用する形式に変更しました。またこうした状況下でも最大限のパフォーマンスを発揮できる労働環境確保のため、サテライトオフィスも活用しています。



2. 密を避けられるオフィス環境の工夫

コロナの感染リスクを低下させるには、密閉空間、密集空間、密接した場面の「三密」を避けることが重要と言われています。アタラではオフィス環境においても会議室への入室人数制限、各自のデスク間に充分な空間を確保する、フリーアドレスエリアの予約制、こまめな換気の徹底を行い、三密を防ぐ工夫を行っています。



3. クライアント企業、パートナー企業への配慮

外出や訪問の際は必ずマスクを着用、手洗いを徹底し、クライアント企業やパートナー企業への万が一の感染防止に努めています。また弊社へ訪問していただく場合を考慮し、オフィスの除菌を徹底しています。



4. オンラインイベントの開催

「三密」リスクの高まるオフラインイベントは、来場者・登壇者の方の感染リスクを高めます。そのためアタラでは、積極的にオンラインイベント(ウェビナー)を積極的に実施し、参加者の方が自宅にいながらも、デジタルマーケティングに関する知見や学びを得ていただける工夫をしています。


アタラが運営するメディアのご紹介

2020.06.10
アタラのSNSアカウントでは、アタラの働き方や、
最新コンテンツ、事例などの最新情報を投稿しています
アタラのニュースレターでは、アタラの最新情報やオウンドメディア『Unyoo.jp』の人気記事、イベント情報などをお届けしています