LP(ランディングページ)の分析・改善の重要性について

運用型広告では、クリック率の改善が必要不可欠です。クリック率が上がることでサイトへの集客率が上がることはもちろん、入札金額にも良い影響を与えることができるからです。クリック率を上げるためには、効果の高いクリエイティブを運用しながら見つけていかなくてはいけません。また、広告がクリックされた後のコンバージョン率を向上させることも同じく重要です。そのためにはユーザーにとってわかりやすく(UX)、使いやすい(UI)を重視したLPにしていくことが必要です。
アタラでは、運用型広告の経験を活かし運用者視点でのクリエイティブ・LP分析が行える。広告アカウントのデータも取り入れたLP分析を行うことで広告配信に適したLPになるよう改善案を提供することができます。

LPを改善させるために

1.戦略設計の確認

LPの作成にあたっては、「ターゲットとなるユーザー」「訴求内容」「ユーザーに起こしてほしいアクション」を具体的に決める戦略設計が必要です。分析・改善する際にもこれらを改めて確認する必要があります。

2.他社LPの分析

LP改善を行ううえでは、自社LPだけでなく他社LPも分析することが重要です。他社LPとの比較を行い、他社会社の戦略や貴社のポジションを確認することで差別化や訴求内容の見直しが可能になります。

サービス内容

・広告配信用LPの成果が出ていない気がする。

・広告配信用LPのどこを改善したら良いかわからない。

・LPの改善施策を続けているが、改善の兆しが見えない。

上記のようなことで、お困りの企業様に最適なプランです。

弊社のコンサルタントが、LPがターゲットにあっているか、ユーザーにとって使いやすいLPになっているかを診断します。デザイン表現、ナビゲーション操作、コンテンツ内容、接続性と責任表示という項目で分析を行い、具体的にどの箇所を改善したほうが良いかご提案いたします。
どんなことでも、まずはお気軽に問い合わせください。