競合しつつも親和性の高いGoogleとFacebook–「SMX Advanced Seattle 2011」参加レポート
http://japan.cnet.com/news/commentary/35004749/

Facebook広告には「第2の品質スコア」がある! 検索連動型広告との違いや特性を分析
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/07/05/10591

すでにCNET様、Web担当者Forum様で寄稿させていただきましたので、お読みになっていただいた方も多いと思います。大変多くの方に読んでいただき、とてもポジティブなフィードバックも多かったです。どうもありがとうございました。

今年は特にFacebookがハイライトされたSMX Advancedでした。
Google +1に期待して行ったのですが。少しは新しい情報がありましたが、業界的にもGoogle +1はお手並み拝見といった形でした。

ここ数年と比べると、ソーシャルの波を中心に、検索エンジン業界も少し変わろうとしている感じがします。SMXやSESのような検索エンジン、検索エンジンマーケティングに特化したイベントでさえ、検索エンジンだけ、では語りきれなくなってきており、施策の多様性、複雑さが増しているのを感じます。

少し先を行く欧米で、そのトレンドや空気を感じてくるのは未だにとても有意義です。
ですので、来年もSMX Advancedには参加したいと思います。参加報告などはしていきますので、期待していてください。

杉原剛

2011.07.07