アトリビューション Attribution Managementの情報サイト Attribution.jp
http://www.attribution.jp/

アトリビューションの情報サイトを本日2010年11月30日に開設しました。

アトリビューション(Attribution Management)との出会いは数年前のSES San Joseでした。
サーチのカンファレンスなのに、「サーチがラストクリックの手段になりやすいから、コンバージョンの手柄を持って行き過ぎじゃないか?」と。なんと自虐的なwと思いましたが、実に正しい議論だな、と感銘を受けました。それから毎年トレンドを追いかけてきました。

2008年はかけ声だけでした。

2009年はソリューションが登場しました。

2010年は事例が結構出てきました。

アトリビューションはまだ確立したフレームワークはありません。といいますか、それなりの手法は出てくると思いますが、企業それぞれで取り組み方が違うものだと理解しているので、万人に共通のフレームワークはないと思っています。

アトリビューションが有効かどうか、賛成意見も反対意見もあることも十分理解しています。

私見ですが、今マーケティング業界の各プレーヤーが抱える課題に対する答えは、アトリビューションに帰結する部分があると思っています。

広告主は、より一層マーケティング施策の効果を明確にしないと、マーケティング予算を確保するのが困難になってきました。間接効果を目に見える形で会社に示す必要がありますし、媒体間の影響度を理解した上でキャンペーンを組むことが必要になってきています。

広告代理店は、多様化するマーケティング施策の適切なミックスを証明する必要があると思います。

媒体社は、自社の広告の価値を広告主や広告代理店に示さないと収益が上がらない状況にあります。

また、アドエクスチェンジ時代になりつつあり、フロントエンドに位置づけられるDSPがディスプレイ広告、リスティング広告、ソーシャル広告などの入札を一元的に管理するようになると、統合的にパフォーマンスを評価し、入札ロジックに組み込むことになっていくと思われます。

と言った感じで、アトリビューションがmustな状況にはなりつつあると強く信じているものの、測定方法も分析方法も選択肢が少なかったり難しかったりするのが現状です。

そのため、少しでも役立つ測定手法、分析手法、事例などの情報を、まとめて提供し、業界の発展に少しでも貢献できれば幸いです。

杉原剛

2010.11.30