2012年10月1日
【プレスリリース】
株式会社フィードフォース(本社:東京都文京区 代表取締役:塚田耕司 以下、フィード フォース)とアタラ合同会社(本社:神奈川県横浜市 CEO:杉原剛 以下、アタラ)は、 サイトの商品データを効率的に他メディアサイトや広告などに配信・管理する「データフ ィードマネジメント(DFM)」分野の研究、開発および普及に関して提携することに合意いたしました。
◆データフィードについて
スマートフォンなどのデバイスの多様化、ネットの利用形態の変化に伴って、企業の消費 者とのコンタクトポイントの多様化・細分化が進んでいます。
こうしたコンタクトポイントの増加に対して、接触機会を最大化するために、商品データ をメディアサイトや比較サイト、アフィリエイトネットワーク、ディスプレイ広告、リス ティング広告など多様な配信先に配信する企業が増えています。 しかしながら、その一方で提供先が増えるほど、データの配信・管理に伴う運用負荷も増 大していきます。
こうした商品データの配信管理を一元化し、配信企業の負荷の軽減と接触機会の最大化、 機会損失の最小化を行うのが、「データフィード」と呼ばれるソリューションになります。
◆提携の背景
海外においては、以前よりこうしたデータフィードサービスの活用は進んでおり、単純に 各配信先にデータを配信するだけではなく、その発展形として、各配信先のパフォーマン スを測定した上で、最適な配信をマネジメントする「データフィードマネジメント(DFM)」 に進化してきています。
一方、国内に目を向けると、現状ではデータ配信のみに留まり、配信先のパフォーマンス の測定やそれを踏まえた最適化、というところには至っておりません。
このような現状を踏まえ、フィードテクノロジーに強みを持つフィードフォースと最先端 のマーケティングサービスを提供するアタラが提携し、データフィードマネジメント領域 における先進事例やサービス開発を共同で行い、国内での普及をけん引していくことに合 意いたしました。
◆サービスの連携からスタート
両社の取り組みの第一弾として、フィードフォースが 10 月にリリースする予定のデータフ ィードマネジメントサービス「DF PLUS」とアタラのマーケティングデータ統合管理プラ ットフォームの連携を開始します。
これにより、利用企業はデータ作成・更新なしに同期作業が可能となり、管理者の負荷を 軽減すると共に、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャルデータのレポート作 成にかかる時間とコストを大幅に削減し、スピーディな効果検証、改善を実現します。
◆DF PLUS サービス概要
DF PLUS は、企業が保有する自社の商品データを外部のメディアサイトやディスプレイ広 告、リスティング広告など多様な配信先に変換、配信を行うサービスです。 当初は、各メディアや広告への配信管理機能を提供し、さらにデータフィードマネジメン ト(DFM)を行うための、各種機能を準備しています。
EC サイトはもちろんのこと、人材、不動産、旅行業界等、更新頻度の高い多くの商材デー タを取り扱う企業が、データフィードを効果的に行うことによって、ユーザーとの接触機 会を増やし、売上を向上させることに貢献します。
【株式会社フィードフォースについて】
フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な場所と形でユーザーに届ける」という事業 ドメインの元、フィード、サーチ、ソーシャルメディアなどの仕組みを通じて、多くの企 業様のビジネスをお手伝いしています。
・会 社 名: 株式会社フィードフォース
・所 在 地: 東京都文京区小石川 1-2-1 出光後楽園ビル 5F
・代表者:代表取締役 塚田耕司
・資 本 金: 33,000,000 円
・事業内容: RSS フィード、メタデータ、ソーシャルメディア等を用いたインターネット 上でのマーケティングシステムの提供 / 自社メディアの企画・運営
【アタラ合同会社について】
アタラは、アトリビューション分析のリーディングカンパニーです。独自のアトリビュー ション分析メソッド「アトリビューション・スコア」「アトリビューション・ランク」を開 発し、適切な予算配分でマーケティング・キャンペーンの全体最適化を支援する、アトリ ビューションコンサルティングサービスを提供しています。 アタラでは、デジタル広告だけでなくマス広告を含むトータルの広告データを活用した、 新しいアトリビューション分析手法を開発してまいります。
・会 社 名: アタラ合同会社
・所 在 地: 神奈川県横浜市青葉区元石川町 3712-12-D
・代 表 者: 代表取締役CEO 杉原 剛
・事業内容: Web を活用したテクノロジー・ソリューションの開発/Web マーケティング 戦略立案、導入、運用コンサルティングサービス
<本件に関するお問い合わせ先>
■ 株式会社フィードフォース 担当:川田
Tel:03-5840-7106 FAX:03-5840-7107 ホームページ:http://www.feedforce.jp/
2012.10.01